ペット

1月18日の『ビートたけしのTVタックル』を観て

月曜日の『ビートたけしのTVタックル』は、いつもの政治ネタではなくて、
「どうする!?ペット大国ニッポン!!」をやっていた。

ペットブームの中、様々な問題が浮き彫りにされていて、一番衝撃的だったのは、

「年間約30万頭もの犬や猫などが殺処分されている」

と言う事。

人間のエゴによって、貴い命が失われている・・・

ブリーダーや販売者から持ち込まれるよりも、飼い主からの方が多いという。
心無い、身勝手な飼い主と出会ったばっかりに遭うこの悲劇、何とかならないものでしょうかね。

今の日本は、ブームだけが先行し、一番大切な事が見失っているのではないか?

昔はペットショップなんて無かったし、「譲渡」が基本だったがニーズの多様化により、外来種を飼う家庭が増えてきた。
そうなると、それを一つのビジネスととらえ、販売業者や繁殖業者が出現、その中で欲求がどんどんエスカレートし、仕舞には自然界ではありえない配合を繰り返し、「新種」を作り、高値で販売するようになってきた。
これはもはやペットの域ではなく、繁殖は「生産工場」、販売は「商品」として捉えているのではないか?

どんなに小さくとも、意思を持った動物だ。

また、「リサイクル犬」という存在を初めて知った。

男にねだって、高価な犬を買ってもらい、それをショップへ持って行って現金化する・・・というものらしい。そして、ショップでは、また次の客に販売する・・・というのを繰り返すんだって。
売る方も、買う方も、モラルの欠片もなく、怒りを超えて呆れてしまった。

その一方、自治体やNPO法人、個人などが見捨てられたペットを護ろうと活動を続けている。
こうした思いや行動が広がりを見せ、「殺処分」の無い世の中になって欲しいと願うのだが・・・

一部の飼い主やショップ、ブリーダーの身勝手な、心無い行動や思考によって失われる生命を助ける法整備が必要だと思う。
この番組に、民主党議員も出席していたので、何とか実現して欲しいものです。

私は、

1.繁殖業者や販売業者は認可制とし、そのための資格制度を作る。
2.販売された個体は、追跡調査できるようなシステムを構築する。
3.悪質な業者には、懲役刑を含め、重い刑事罰を課す。
4.手放さざるを得なかった動物は、公営の施設で里親募集を行ったりしながら面倒を見る。
5.ペット飼育税(?)を導入する。
6.不心得な飼い主には、それ相応の刑事罰を課す。

というような事をすべきだと思うのだが・・・

そうすれば、おそらく多くのわんちゃん、にゃんちゃんは、幸せに暮らせることになるでしょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)