ニュース

佐野研二郎氏、盗用を認めるも「謝罪文」の内容が・・・

サントリーオールフリーのトートバッグデザインを巡ってのパクリ疑惑、一応認めたようで、「MR_DESIGN INC.」のホームページで発表されている。

http://www.mr-design.jp/

コピペでの引用を避けるためか、テキストではなく画像で掲載されている・・・w

しかし、その内容はまるで他人事。

(注)トレース=パクリ

””その制作過程において、アートディレクターとしての管理不行き届きによる問題があったと判断したため””
まるで「部下が不祥事を起こした時の上司としての責任」という体になっている。

「私は知らなかったが、管理責任は感じる」というケースは良くあることだが、今回の盗作疑惑もまた、自身の責任はほぼそのスタンス。
「部下のしたことで、私は知らなかった」とは呆れて物が言えない。

自分自身の問題なのに、部下の責任としての表現とはどういうこと?

””弁護士の法的見解を確認しているところですが・・・””

法的見解どうこう言う以前の問題でしょ。「弁護士」を持ち出すと、余計に反感を買うということ、判ってないのかな?

”” 何ら言い訳にはなりませんが、今回の事態は、社内での連絡体制が上手く機能しておらず、私自身のプロとしての甘さ、そしてスタッフ教育が不十分だったことに起因するものと認識しております。当然のことながら、代表である私自身としても然るべき責任は痛感しており、このような結果を招いてしまったことを厳しく受け止めております。今後は著作権法に精通した弁護士等の専門家を交えてスタッフに対する教育を充実させると共に、再発防止策として、制作過程におけるチェック項目を書面化するなどして、同様のトラブル発生の防止に努めて参りたいと考えております。””

一応、「言い訳にはなりませんが」と断り書きをしているが、この内容はどうでもいいことで、「本来の責任」には全く関係の無いこと。眼くらましとしか捉えることが出来ない。

一見、謝罪のように見えるが、あくまでも「自らの管理責任」に対するものであり、事の本質から大きくかけ離れている。

そして、一番大事なことについて全く言及していない。

Photo

●サントリーに「佐野研二郎デザイン」と嘘の表示をさせたこと
●自分で作ったものではないのに、自分の作品として納品したこと
●結果として、前の会見で「私はパクッた事がない」は嘘だったこと

こうしたことに対する理由と謝罪が全く無い。

部下が勝手にトレースしたとか、報告をしていなかったとか・・・佐野氏の釈明は全く話にならない。

佐野研二郎氏には「デザイナーとしての矜持は無いのか!」と言いたい。

偽装作曲家・佐村河内氏よりも低レベルな「偽装デザイナー」と言われても仕方が無いのでは?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2020年東京五輪エンブレムの盗作騒動・・・

何かと2020年開催の東京オリンピックを巡って物議を醸している今日この頃、今度は先日発表された「エンブレム」に盗作疑惑が発生!
ベルギーのリエージュ劇場のロゴマークにとっても似ているとかで、作ったデザイナーさんはたいそうご立腹で使用差し止めを求めるとか・・・。
また、今度はスペインのデザイン事務所からも声が上がり、先行き不透明な様相だ。
実際、あの発表されたエンブレムを見た時、「ん???」と思ったことは確か。
このデザインじゃ、きっとどこからかクレームが入るんじゃないかな?と思っていたら案の定だ。
しかし、これは限りなく100%に近い確率で「盗作」ではないはずです。
なぜなら、「T」をデザイン化する場合、多くのデザイナーさんはこの手法を考えるはず。
それは、○△□☆を組み合わせて作る、極めてシンプル且つオーソドックスな手法だからです。
私自身、2、30年位前に似たようなロゴタイプを作った経験がありますし。
また、「TOKYO 2020」のフォントは「Rgclaren」に極めて似ており、完全オリジナルな書体とは言えませんが、リエージュ劇場のロゴは「Rgclaren」とは別物ですので「真似した」とは言えません。
次に、スペインのデザイン事務所からの指摘ですが、スタイルは全くの別物ですし、配色も「赤・黒・金・シルバー(グレー)」なんてのは普通に使われていますので、わざわざスペインのデザイナーさんを参考にするまでもありません。
この「エンブレム」をデザインした方には何の問題はないでしょうけど、決定したJOCのセンスに疑問は感じますけどね。
私的にはむしろ、招致活動時のエンブレムのほうが斬新で個性的な気がします。
一応、著作権の関係もありますのでそれぞれの画像は添付しませんが、以前に作ったロゴの「T」部分の作り方画像を貼ります。
また、「Adobe Illustrator」とフォント「Rgclaren」をインストールされていれば、今回のエンブレムはカンタンに作ることが出来ますので一度試してみてはいかがでしょうか。
もちろんマークだけなら手書きでもOKです。
いずれにしても、誰でも簡単に作れるし、「より身近に、親しみのあるエンブレム」と言えるかもしれません。
Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「第72回桜花賞」ズバリ予想♪

第72回桜花賞!
若き乙女達の激しいバトルが展開されます。

人気は17番、ジョワドヴィーヴルに集中しそうですが、何分キャリアが浅い・・・
絶対視は禁物です。

狙いはジョワドヴィーヴルを軸にするも、ジェンティルドンナ、連対率100%のパララサルーも侮れない。

今回は5頭ボックスにしてみた。

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東海大菅野、日本ハム入団を拒否へ

東海大の菅野投手が1年浪人へ 日ハム入団拒否
毎日新聞 11月21日(月)10時45分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111121-00000025-mai-base
今秋のプロ野球ドラフト会議で日本ハムに1位指名された東海大の菅野智之投手(22)が入団を拒否する意向を日本ハム側に伝えたことが21日、大学関係者への取材で分かった。希望する巨人の指名を受けるために1年間浪人する方針で、同日午後に本人が会見する。


まぁ、予想通りでした。
人気凋落傾向の読売だが、まだまだ「野球するならジャイアンツ」という選手が多いから仕方ないか。

ドラフト制度の是非について、いろいろ考えはあるわけだが、機構として取り決めたルールはルール。指名する側も受ける側もルールは尊重しなければならない。
読売など人気球団に希望が偏り、資金力も相まって有力選手はなかなか弱小球団には入団せず、結果戦力の偏りをもたらし、最下位球団等は首位とのゲーム差30とか40とかが当たり前の状態が続いていた。

戦力の平準化、不透明な契約解消などもあり昭和40年にスタートしたドラフト制度だが、入札、逆指名、希望枠など紆余曲折を経て平成20年度から現行制度となった。

ドラフト制度は「職業選択権」の侵害だとか言われてきたが、「プロ野球機構」に就職する・・・という考え方が定着し、最近はあまり言われなくなって来た。

しかし、ドラフト制度下であっても、何としても好きな球団に入りたい・・・としてかたくなに拒否、何年かかっても指名を待つという選手は過去にもいた。

皮肉にも今回の「読売お家騒動」で名前の挙がった江川氏、元木氏。
江川氏は高校生で指名拒否をし法政大学に入学。
大学生でも1度拒否し、有名な「空白の1日」で読売と電撃契約を交わした。
もちろん認められるわけはなく、阪神が指名。
入団後、エース小林との交換トレードで晴れて読売入団を果たした。

この事で読売の球団イメージは悪くなった訳だが、その後元木大介が1浪後単独指名で入団。

近年では、平成18年に日本ハムからの指名を拒否し、社会人野球で2年プレーした後ロッテから指名もこれまた拒否、翌年単独指名で読売へ入団した長野や、昨年の澤村に見られるように、早くから「読売一本」をマスコミ等を利用して「読売以外は拒否」を宣伝、結果として2年連続単独指名を勝ち取った。

そして、世間では「3年連続単独指名」が確実視されていた菅野を日本ハムが指名。
これをマスコミは「強行指名」などと表現、さも指名したのが悪いような論調だった。
現行制度では、必要な戦力は12球団等しく指名する権利があるわけだが、3年連続して「読売入団を妨害するな」みたいな空気はいかがなものか。

別に日本ハムファンの私としては菅野に来て欲しいとは思わないが、来年以降も必要とする球団があれば臆する事無くどんどん指名すればいい。
結果として読売がくじを引き当てればいいだけの話。
そうすれば、皆が納得できるのではないだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

被災地そっちのけ、「内閣不信任決議案」提出のバカ騒ぎ。

内閣不信任決議案、3党で提出…2日採決へ
読売新聞 6月1日(水)18時0分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110601-00000829-yom-pol

自民、公明、たちあがれ日本の野党3党は1日夕、菅政権に対する内閣不信任決議案を衆院に提出した。
衆院議院運営委員会は理事会で、2日午後の本会議で採決することを決めた。3党とみんなの党は賛成し、共産、社民両党は棄権する方向だ。民主党では小沢一郎元代表、鳩山前首相、原口一博前総務相らが賛成の意向を固めるなど、多くの造反議員が出る見通しで、不信任案の成否は予断を許さない状況だ。民主党は分裂含みの展開で、事態は緊迫の度を増している。

政府も与党も野党も、この大震災後の復興や福島第二原発の収束に向けて、全力を挙げて取り組まなければならないこの時期にナニやってんだか・・・

自民党らが提出した「内閣不信任決議案」は、「震災復興の遅れ」と「原発事故の対応のまずさ」を主な提案理由としている。
それは圧倒的多くの国民が感じていることと乖離はない。

だが自民党さんがやったら震災復興は急ピッチで進み、原発事故も早期収束をするとでも言うのか?
バカも休み休み言って欲しいね!

自民党=「利権政党」というイメージが完全に払しょくされていない今、政権を任せたらどういうことになるのか?
15兆円ともいわれる復興予算、自民党の利権のエサにされちゃ、たまったものではない。

原発事故にしても、自民党政権時代に国策として「政官学業」癒着体質で原発推進を行ってきた政党が正しい情報を開示して的確な対応ができるとは到底思えない。

大事な復興特別委員会で海水注入を止めた止めないなどどうでもいい事で大事な時間を浪費したり、今度は菅総理に対する不信任・・・

今野党に求められることは、政府と国会一丸となって復興に努めることであり、対立することではない。
そんなことも分からない連中が国民の代表だとは、情けない・・・。

また、民主党内でこの不信任案に賛成する動きが一部にあるようだが、苦労して実現した政権交代を自らの手によって崩壊させるのはいかがなものか。

もっとも現在の菅政権は国民第一というより、自分第一のような政権運営と見られても仕方のない言動が多々見受けられるし、意固地になっている。

こうした状況を招いた責任の一端はもちろん菅総理にある。
今までの政権運営を反省し、反対勢力に対し胸襟を開いて挙党体制を構築するのが最善の策だと思うが、なにせ菅総理には影の官房長官(伸子夫人)がいるので無理か?

【不信任案否決・民主造反無し】
党内結束は可能となるが、野党の審議拒否がある。
【不信任案否決・民主造反有り】
党内野党化もしくは大量離党で一層政権運営が厳しくなる。
【不信任案可決】
菅総理は衆議院を解散し、政治空白が生じる。(採決前の解散宣言もあるかも?)

どれをとってもプラスになる要素は全く無いことだけは確かだ。

平時なら、「勝手にやってくれ!」と思うのだが、今はそうも言っていられないし・・・
ホントに困ったもんだ。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

交流戦第2カード、日本ハムは読売を一蹴!

日本ハム、交流戦の第2カードは今や球界の困ったチャン球団である読売ジャイアンツ。
またの名を「ゴミ売」とも言う。

セ・リーグ開幕日を巡り、KYな発言と行動を繰り返し、大顰蹙を買ったかと思えば、今度は脇谷のイカサマプレーで袋叩き。
そしてあろうことか、一昨年優勝の立役者である高橋信二をクレクレで持っていった。
日本ハムフロントと読売の関係はどうなのかは知らないが、余りにもファン無視、気前良すぎはしないか?
日本ハムは読売の選手養成球団じゃないのだぁー!!

そんな身勝手球団に日本ハムが負けるわけにはいかないのだ!

0520

第1戦は、ケッペルと東野の先発でスタート。
日本ハムは3回裏、小谷野の適時二塁打で2点を先制。5回にも再び小谷野が適時二塁打を放ち1点を追加した。
先発・ケッペルは8回無失点の好投で今季負けなしの4勝目。
9回、武田久は併殺打の間に1点献上したものの11セーブ目。
敗れた読売は、ケッペルに対し17個の内野ゴロを喫するなど打線が振るわず完敗~!!

【札幌ドーム/日本ハム1勝0敗】
読  売  0 0 0 0 0 0 0 0 1=1
日本ハム0 0 2 0 1 0 0 0 X=3

勝利投手:ケッペル(4勝0敗0S)
敗戦投手:東野(1勝4敗0S)
セーブ:武田久(0勝0敗11S)

明日第2戦の先発はウルフか八木。読売は内海か?
小谷野もようやく本調子に戻ったようだし、5月月間MVP候補の中田、復調気配の田中と陽・・・
まぁ、誰が相手でも今のハムなら問題なく勝つでしょう!
現在日本ハムは、チーム打率と本塁打、防御率は12球団トップです。
負ける要素は見当たらないですね~!

第2日本ハムみたいになった読売。
コーチ含めて10人も行ってますからね~。
今度ハムからの移籍組でオーダーを組んでみたらいかがでしょうか?

一塁手:高橋信二
二塁手:古城 茂
三塁手:小笠原道大
遊撃手:?
左翼手:工藤隆人
中堅手:紺田敏正
右翼手:?
捕 手:實松一成
投 手:藤井秀悟
中継ぎ:須永英輝
抑 え:MICHEAL
監 督:荒井幸雄

| | コメント (2) | トラックバック (0)

【函館シリーズ】日本ハム、オリックスに2タテ♪爆笑、爆勝!

第1戦の昨日は心配された天気も試合開始直前になってようやく晴れ間が広がり、雨の心配も無く試合が始まりました。
先発はケッペルと木佐貫。
初回は両チーム三者凡退でしたが、二回裏稲葉のホームランを皮切りに打ちも打ったり8得点!
序盤で試合を決めちゃいました!
先発ケッペルは7回1失点と好投、打線も先発全員安打、田中とホフパワーが猛打賞の3安打、糸井と中田は2安打と前節までの貧打が嘘のような大爆発でした。

【函館オーシャンスタジアム/日本ハム6勝1敗】
オリックス  0 0 0 1 0 0 0 0 1=2
日本ハム  0 8 0 0 0 0 0 3 X=11

勝利投手:ケッペル(3勝0敗0S)
敗戦投手:木佐貫(0勝3敗0S)
本塁打:稲葉3号(2回裏ソロ) 、ヘスマン3号(9回表ソロ)

第2戦はウルフと西の先発でスタート!
オリ・西は今季開幕から4連勝で絶好調!
日本ハム打線はてこずるかと思いきや、三回小谷野の二塁打で先制し、六回金子の二塁打であっけなくKO!
弱いチームを相手に4連勝しても、日本ハム打線には通用しませんでしたね~
その後七回には中田、金子のタームリーで3点、とどめは八回糸井の2ランでジ・エンド。
連日の大勝でした。
これでソフトバンクを抜いて単独首位に復帰しました。
火曜日からはいよいよ交流戦のスタート!
第1カードは対ヤクルト。
コチラは目下セ・リーグの首位。
しょっぱなから両リーグの首位対決となりました。
毎年函館シリーズからエンジン全開となる日本ハム。
小谷野も2戦通じての大活躍。これで復調?
この勢いを持続して、交流戦は間違いなく日本ハムの優勝でしょう!

03

【函館オーシャンスタジアム/日本ハム7勝1敗】
オリックス  0 0 0 1 0 0 0 0 0=1
日本ハム  0 0 2 0 0 2 3 2 X=9

勝利投手:ウルフ(3勝1敗0S)
敗戦投手:西(4勝1敗0S)
本塁打:糸井 4号(8回裏2ラン)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

厚顔無恥?食中毒焼肉屋『焼肉酒家えびす』の社長、勘坂康弘のぶっ飛び会見。

食中毒:焼き肉チェーン社長、任意で聴取
2011年5月3日 21時57分
http://mainichi.jp/select/today/news/20110504k0000m040110000c.html

焼き肉チェーン店「焼肉酒家えびす」でユッケなどを食べた富山、福井両県の男児2人が死亡した集団食中毒で、富山県警の捜査本部は3日、同チェーンを経営する「フーズ・フォーラス」(本社・金沢市)の勘坂康弘社長から任意で事情を聴いた。捜査本部は、食中毒の原因となったとされる食肉を同社が仕入れた過程などを確認したとみられる。
また、福井県警も同日、業務上過失致死容疑で、福井南署に35人態勢の捜査本部を設置した。両県警は連携して食品衛生法違反(不衛生食品の販売)容疑も視野に調べる方針。
フーズ・フォーラス社は09年7月以降、厚生労働省の衛生基準で、生食用食肉を提供する際に求められる細菌検査を実施していなかった。死亡した男児はいずれも、先月16日ごろに仕入れた生肉を使ったユッケを食べ、溶血性尿毒症症候群(HUS)を発症したとみられる。両県警の捜査本部は流通から店での提供までの過程の衛生管理に問題がなかったか、慎重に調べを進める。

Img4f5dadfdzik8zj

2名の死亡者を出した『焼肉酒家えびす』の食中毒事件で会見を行った勘坂康弘社長。
その発言は余りにも身勝手で、当事者としての責任はまるで感じていないのでは?と疑うばかりだ。

飲食業を営む者としての最低限のモラルさえこの男にはなかったのか?
「客は信頼して足を運ぶ。店はその信頼に応えるべく料理を提供する。」
そのためには当然、食材選びから調理まで細心の注意を払わなければならない。
もちろん食中毒を起こすことなどあってはならないのだ。
しかし、細心の注意を払っていても事故は起きることがある。
その場合、経営者はどのような対応を取るかによって評価が分かれる。
今回の場合を見ると、この男は最低最悪の経営者と断ぜざるを得ない。

納入業者への責任転嫁、法整備の不備への不満、批判に対しての不満など到底考えられない発言ばかり。
そして「最後っ屁」をかましてくれた。

なんとまぁ、開いた口が塞がらないとはこの事。
これじゃ、亡くなられたお子さんたちは浮かばれまい。
任意聴取を受けたようだが、県警は厳しく捜査し、この企業を取り調べてほしいものだ。

この男、

『 すべてのお客様に 「 愛 」 を、店舗スタッフへ 「 感動 」 を、「 愛と感動 」 のレストランチェーン 』 『 日本一の伝説となるレストランチェーンを実現 』

と理念をぶち上げとるが、まさに『自己愛』に満ち溢れております。
http://www.gaisyoku.biz/pages/entre/lecture/foodsforus_01.cfm

尚、日本では肉の生食用は殆ど流通していませんので、生食は避けるべきでしょうね。
細菌は、飼育環境、と殺場や解体処理場、加工場の衛生管理状態で大きく違ってきますので。
特に肉の原型がわからないユッケは避けたほうがいいでしょう。
ましてや抵抗力の弱い子供やお年寄り、妊婦さんなどは危険です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

【フィギュアスケート世界選手権・女子】安藤美姫ちゃん、2007年以来2度目の優勝!

やったね!安藤美姫ちゃん、2007年以来2度目の優勝!
Oth11043022040022p1

<世界フィギュア>安藤美姫 4年ぶりに世界女王の座に復帰
毎日新聞 4月30日(土)22時36分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110430-00000099-mai-spo

フィギュアスケートの世界選手権最終日は30日、モスクワで行われ、女子ショートプログラム(SP)で2位につけた全日本選手権女王の安藤美姫(トヨタ自動車)はフリーで3回転ジャンプが一つ回転不足になった以外は無難にまとめ、195.79点で4年ぶり2回目の優勝を果たした。
金妍児(韓国)は精彩を欠き、合計194.50点で安藤美姫を抜けず、2位。
SP7位と出遅れた前回優勝の浅田真央(中京大)はフリーでもトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)が2回転半と判定され、合計172.79点で2連覇を逃した。
初出場でSP10位だった16歳の村上佳菜子(愛知・中京大中京高)はジャンプにミスが出て167.10点。

安藤美姫(日本)195.79
冒頭、トリプルルッツ-トリプルループを余裕を持って着氷。続くトリプルループもややこらえ気味だが着氷。2つのスピンをはさんでスローパートへ。感情を込めながらのスパイラル。後半ダブルアクセルからトリプルトゥループの予定が、ダブルトゥループになり、ステップアウト。トリプルルッツ、トリプルサルコウ、トリプルトゥループ、ダブルアクセルからの3連続は立て続けに決めた。力を振り絞って最後のステップからスピンへ。会場からは大きな拍手が送られている。

金妍児(韓国)194.50
「アリラン」のメロディーが流れる。冒頭、トリプルルッツ-トリプルトゥループを着氷。続いてトリプルサルコウからのコンビネーションは2つ目がシングルに。トリプルフリップもシングルに。スピンをはさんで、後半はダブルアクセルからの3連続、トリプルルッツを着氷。スピンから体をいっぱいに使ったステップへ。スパイラルの後、終盤にトリプルサルコウ、ダブルアクセルを決める。最後はスピンでフィニッシュ。本人はほっとしたような、少し悔しいような表情。

安藤は安定感の滑りでステップアウトが1回、金は精彩を欠き、DGが2回。
それで1.62点しか差が付かないとは・・・?
まぁ、美姫ちゃんが優勝したことだし、いいか!

01位 195.79 安藤 美姫(日本)
02位 194.50 金妍児(韓国)
03位 184.58 カロリーナ・コストナー(イタリア)
06位 172.79 浅田 真央(日本)
08位 167.10 村上佳菜子(日本)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

呆れたね・・・『キムヨナジャッジ』健在か?

美姫2位真央7位…ヨナ首位/フィギュア

2011年4月29日(金)23時48分配信 日刊スポーツ
http://news.nifty.com/cs/sports/athleticdetail/nikkansp-f-sp-tp0-110429-0079/1.htm 

<フィギュアスケート:世界選手権>◇5日目◇29日◇モスクワ
女子ショートプログラム(SP)で全日本女王の安藤美姫(23=トヨタ自動車)が連続3回転ジャンプこそ回避したものの、すべての要素をきれいにまとめ、65.58点で2位発進した。
日本女子初の2連覇を狙う浅田真央(20=中京大)は、最初の3回転半ジャンプで回転不足をとられるなど得点が伸びず、58.66点で7位、初出場の村上佳菜子(16=愛知・中京大中京高)は2回転半ジャンプでバランスを崩し、54.86点で10位と出遅れた。
 バンクーバー五輪金メダリストで、昨年の世界選手権以来1年1カ月ぶりの競技会出場となった金妍児(20=韓国)が65.91点で首位に立った。

72

まだまだ「キムヨナ・ジャッジ」は健在だった。
金は始めのトリプルルッツは誰の目でも失敗は明らかだったが、結果はトリプルアクセルを失敗した浅田とは7点以上の差だった。
しかもノーミスだった安藤をも上回る得点とは・・・

01位 65.91 金妍児(韓国)
02位 65.58 安藤 美姫(日本)
03位 61.62 クセニア・マカロワ(ロシア)
07位 58.66 浅田 真央(日本)
10位 54.86 村上佳菜子(日本)

素人目ではわからない技術の差があるのかもしれないが、この極端な点数には疑問を禁じえない。
以前からISUと韓国にまつわる黒い噂があったが、まだ断ち切れていないということか?
まぁ、採点競技なんてこんなものかも?
政治力やコネがあるものが圧倒的に有利・・・ということのようだ。

明日のフリーは、よほどの事が無い限り、多少のミスはあっても金が優勝するでしょう。
美姫ちゃんには是非ノーミスで頑張って欲しいし、金には大きな失敗を期待したいものです。

「キムヨナ・ジャッジ」に負けるな!美姫ちゃん!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

より以前の記事一覧