« 【競輪大予想】『第24回寬仁親王牌・世界選手権記念トーナメント(GI)』最終日 | トップページ | 佐野研二郎氏、盗用を認めるも「謝罪文」の内容が・・・ »

2020年東京五輪エンブレムの盗作騒動・・・

何かと2020年開催の東京オリンピックを巡って物議を醸している今日この頃、今度は先日発表された「エンブレム」に盗作疑惑が発生!
ベルギーのリエージュ劇場のロゴマークにとっても似ているとかで、作ったデザイナーさんはたいそうご立腹で使用差し止めを求めるとか・・・。
また、今度はスペインのデザイン事務所からも声が上がり、先行き不透明な様相だ。
実際、あの発表されたエンブレムを見た時、「ん???」と思ったことは確か。
このデザインじゃ、きっとどこからかクレームが入るんじゃないかな?と思っていたら案の定だ。
しかし、これは限りなく100%に近い確率で「盗作」ではないはずです。
なぜなら、「T」をデザイン化する場合、多くのデザイナーさんはこの手法を考えるはず。
それは、○△□☆を組み合わせて作る、極めてシンプル且つオーソドックスな手法だからです。
私自身、2、30年位前に似たようなロゴタイプを作った経験がありますし。
また、「TOKYO 2020」のフォントは「Rgclaren」に極めて似ており、完全オリジナルな書体とは言えませんが、リエージュ劇場のロゴは「Rgclaren」とは別物ですので「真似した」とは言えません。
次に、スペインのデザイン事務所からの指摘ですが、スタイルは全くの別物ですし、配色も「赤・黒・金・シルバー(グレー)」なんてのは普通に使われていますので、わざわざスペインのデザイナーさんを参考にするまでもありません。
この「エンブレム」をデザインした方には何の問題はないでしょうけど、決定したJOCのセンスに疑問は感じますけどね。
私的にはむしろ、招致活動時のエンブレムのほうが斬新で個性的な気がします。
一応、著作権の関係もありますのでそれぞれの画像は添付しませんが、以前に作ったロゴの「T」部分の作り方画像を貼ります。
また、「Adobe Illustrator」とフォント「Rgclaren」をインストールされていれば、今回のエンブレムはカンタンに作ることが出来ますので一度試してみてはいかがでしょうか。
もちろんマークだけなら手書きでもOKです。
いずれにしても、誰でも簡単に作れるし、「より身近に、親しみのあるエンブレム」と言えるかもしれません。
Photo

|

« 【競輪大予想】『第24回寬仁親王牌・世界選手権記念トーナメント(GI)』最終日 | トップページ | 佐野研二郎氏、盗用を認めるも「謝罪文」の内容が・・・ »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1241418/60972079

この記事へのトラックバック一覧です: 2020年東京五輪エンブレムの盗作騒動・・・:

« 【競輪大予想】『第24回寬仁親王牌・世界選手権記念トーナメント(GI)』最終日 | トップページ | 佐野研二郎氏、盗用を認めるも「謝罪文」の内容が・・・ »