« 【G1大予想♪】「第8回ヴィクトリアマイル(GI)」ヴィルシーナ、今度こそ戴冠? | トップページ | 【G1大予想♪】「第80回東京優駿(GI)」ロゴタイプが頂点を極める? »

【G1大予想♪】「第74回優駿牝馬(GI)」激戦を制すのは桜花賞組?別路線組?

先週のヴィクトリアマイルは見事大穴大的中!
先々週のNHKマイルの選択ミスを少しだけ取り戻せました。
今週は3歳牝馬の三冠レース第2弾、「第74回優駿牝馬(GI)」。
桜花賞から800mも距離が延長、すんなり桜花賞組が勝てるかは難しいところです。
構図は「桜花賞組vs別路線組」となりそうで、桜花賞馬・アユサン、2着馬のレッドオーヴァルら桜花賞の上位組に対し、フローラSを制した良血馬・デニムアンドルビー、2着馬のエバーブロッサム、唯一2400mを経験している忘れな草賞1着のセレブリティモデル等新興勢力が戦いを挑む。
人気になりそうなのが桜花賞1、2着のアユサンとレッドオーヴァル、フローラSの優勝馬・デニムアンドルビーあたり。
朝日杯覇者のローブティサージュ、2着馬のクロフネサプライズは全力で巻き返しをはかってくるだろう。
しかし、2400mは長過ぎるかも?
近年のオークスは、1番人気馬の成績が振るわない。
ここ10年で優勝しているのは05年のシーザリオ、09年のブエナビスタ、10年のアパパネ(1着同着)。
あとは07年のベッラレイアが2着に入った程度。
単勝率は30%、連対率、3連率でも40%という惨憺たる結果となっている。
今年も抜けた馬がいない分、波乱必至のオークスとなりそうだ。
若い馬は経験値が少ない分、血統がポイントとなる。
出走馬中、東京芝2400mで結果を残している種牡馬はダントツでディープインパクト。
他に、キングカメハメハ、ダイワメジャー、ハーツクライ、クロフネもいる。
ここはディープ産駒を中心に勝負してみます。
軸はレッドオーヴァル。
桜花賞は惜敗したが、距離が延びて末脚が活きてくる。
対抗はデニムアンドルビー。
連対率100%、2000mの持ちタイム2.01.1は秀逸。
単穴はエバーブロッサム。
フローラSは2着だったが、距離延長はプラスに働くかも。
連下には桜花賞馬のアユサン、桜花賞3着のプリンセスジャック、穴目でリラコサージュと唯一2400mを経験しているセレブリティモデルを選択した。
堅く収まるのか?
またまた大波乱があるのか???
2013051902

|

« 【G1大予想♪】「第8回ヴィクトリアマイル(GI)」ヴィルシーナ、今度こそ戴冠? | トップページ | 【G1大予想♪】「第80回東京優駿(GI)」ロゴタイプが頂点を極める? »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

ギャンブル」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

  kitanotabibitoさん、おはようございます。
 今日から3日間、札幌遠征で時間がないので、kitaさんのつきに半分乗らせていただきます。
◎×クロフネ
◎◎レッド
◎○デニム
▲エバー
△ティアーモ
後は適当に全流しで…。
クロフネは距離も馬場も適正は有りませんが、武さんの騙しで2200mまで誤魔化せれば、3着アリという穴狙いです。追いてきたティアーモが残ったら大穴ですね。
 それでは買われる方のご幸運を祈ります。

投稿: マル | 2013年5月18日 (土) 07時59分

マルさん、コメントありがとうございます。

クロフネは、展開がスローで余力を残してであればイケるかもしれませんね。

ティアーモは未知数で何とも言えませんが、距離は合いそうな気がしますので来るかもしれませんね~
絞り込む過程で外しました。

当たればいいですね!

投稿: kitanotabibito | 2013年5月18日 (土) 13時01分

kitaさん、今晩は。札幌遠征で帰ってきたら仕事で問題続発。今日やっと時間が取れたので…。それにしても見事な外しで、でもお互いに▲エバーにしたのが唯一の救いでしたね。こうなるとダービーは兄弟の「キズナ」でしょうか!?

投稿: マル | 2013年5月22日 (水) 18時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1241418/51661677

この記事へのトラックバック一覧です: 【G1大予想♪】「第74回優駿牝馬(GI)」激戦を制すのは桜花賞組?別路線組?:

« 【G1大予想♪】「第8回ヴィクトリアマイル(GI)」ヴィルシーナ、今度こそ戴冠? | トップページ | 【G1大予想♪】「第80回東京優駿(GI)」ロゴタイプが頂点を極める? »