« 日本ハム、最終戦勝利!あとはCS、ロッテ負けてね♪ | トップページ | ダルビッシュがブログで日本ハム残留を宣言 »

明確な理由の無い小沢氏の「強制起訴」って?

小沢氏の「起訴議決」は想定されていた事だが、その理由には「?」という印象だ。

普通、起訴するにはそれ相応の理由が求められるのだが、自らは確信が持てず、裁判所で判断してほしいという事らしい。
そんなことがまかり通るなら、「証拠があってもなくても検察審査会使って起訴!」という事になってしまう。
恐ろしい世の中になったもんだ。

検察審査会は所詮素人がやっているわけで、明確な証拠に基づいて結論を出しているわけではない。
「国民目線」とか「考え難い」、「信用できない」など抽象的な判断で訴追していいのか?

おまけにこの検察審査会、どんな基準で選ばれたのか、11名の匿名メンバーによる密室の中での結論。
「起訴すべき」という結論に自信があるならば、裁判員みたいに堂々と記者会見して公に出てくるべきではないのか?(無理だろうけど)

元はと言えばこの「陸山会問題」は昨年の「西松建設献金問題」から続く。

小沢氏を対象とした一連の流れの中で、検察は何としても小沢氏を訴追したいと考え、自らストーリーを作り展開していたが残念ながら出来なかった。いわば「地検特捜部が作り上げた事件」という色合いが濃い。

官僚支配の政治体制を維持せんがため、何としても小沢氏を追い落とし、自らの名声を高めたいという邪なシナリオ。

この2件の捜査指揮を執ったのは、「長銀粉飾決算事件」「福島県知事汚職事件」「PCI事件」という冤罪事件の中心的役割を果たした人物。
加えて現在逮捕されている「でっち上げ検事」も1枚噛んでいる。

そうした人物たちが関っているこの事件、検察審査会は果たして十分な精査をしたのか?

「官僚政治打倒」を掲げた民主党・小沢代表(当時)に対し、真っ向から対決を仕掛けた官僚(東京地検特捜部)という図式にマスコミも乗って一斉に攻撃を仕掛け、世論誘導した結果、国民の圧倒的多数が反小沢となってしまった。

今回の「起訴議決」は、地検特捜部が起訴できる材料が無いため、検察審査会を使って起訴に持ち込む・・・という見方も出来る。
自分たちの手を汚さずに、検察審査会が小沢氏を強制起訴してくれる、つまり検察は「名を捨て、実を取る」ということだ。

今後検察は高見の見物を決め込むだろう。
公判維持ができなくとも、自分たちには責任はないわけだから。

マスコミ、世論は「きっと悪い事をしているに違いない!」として、検察審査会の議決を支持してるようだが、果たしてこれでいいのか?

小沢氏は今後「被疑者」として、起訴→公判開始→地裁→高裁→最高裁と何年かかるか分からない屈辱の日々を送る事になる。

新たな証拠をきちっと整えて、有罪ならば問題ないわけだが、無罪となった場合はどうするのか?
冤罪を検察審査会が作ったことになるわけで、その責任をどう取るのか、覚悟はできているのかを聞きたいものだ。

小沢氏が嫌いなのは良く分かるが、議員辞職だの離党勧告、除名だの与野党問わず声を上げる前にもう一度冷静に考える必要があるだろう。

小沢氏は「これは権力闘争だぞ」と言ったらしいが、自分の信じる道を堂々と進んで欲しい。

【第5審査会は審査会制度について「国民は裁判所に無罪か有罪かを判断してもらう権利があるという考えに基づくもので、容疑不十分として検察官が起訴をちゅうちょした場合に、国民の責任において刑事裁判で黒白をつけようとする制度である」との見解を示した。】

そうした考え自体に異論は無いが、その運用によっては罪の無い人が「裁判」という名の下で社会的信用を失墜させたり、理不尽な拘束を受ける事になる。
そして冤罪が生まれる。
審査会制度は「諸刃の剣」であるという認識のもと公明正大に、関係者が自らの責任を賭して行うべきだろう。

「何でも裁判で判断してもらえばいいw!」という軽薄な考えだけは避けて欲しいものだ。

|

« 日本ハム、最終戦勝利!あとはCS、ロッテ負けてね♪ | トップページ | ダルビッシュがブログで日本ハム残留を宣言 »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1241418/37104866

この記事へのトラックバック一覧です: 明確な理由の無い小沢氏の「強制起訴」って?:

« 日本ハム、最終戦勝利!あとはCS、ロッテ負けてね♪ | トップページ | ダルビッシュがブログで日本ハム残留を宣言 »