« 国技の名が汚れた大相撲、果たして再生は? | トップページ | 【郵便不正事件】 冤罪・村木さんに無罪判決 »

「大相撲賭博問題」、二人解雇で幕引きか?

昨日の理事会で、大嶽親方と大関琴光喜の解雇を決定し、記者会見で発表した。
処分者は、
【解雇】大嶽親方、大関琴光喜
【降格】時津風親方、阿武松親方
【謹慎】親方、力士計18人

ということである。

併せて、武蔵川理事長らが謝罪して、再発防止を誓った。
一連の賭博問題は、これにて一件落着し、名古屋場所開催へと向かう。
相撲協会はもとより、マスコミや世間もこの流れで収拾をはかるみたいだが、果たしてこれでいいのか?

「特別調査委員会」主導で行われた「大相撲賭博問題」だが、前の記事『国技の名が汚れた大相撲、果たして再生は? 』でも書いたように、この流れには大きな疑問が残る。

①賭博問題は、なぜ問題なのか?
野球賭博とマージャン、花札、ゴルフをなぜ区別するのかといえば、当然、野球賭博は暴力団絡みということで、反社会的集団に金が流れる・・・ということ。
従って、警察当局も本腰を入れて捜査する案件なのだが、この件に関して全く全容が見えてこない。
一部では、「関連はなかった」という報道もあったが、それならば区別をするのはおかしな話だ。
本当に関係がないのであれば、野球もマージャンも花札もゴルフも同じ「単純賭博」ではないのか?

②掛け金の額や頻度で極端な処分をするのは妥当か?
大嶽親方の数千万円から、少ないのは数万円かもしれない。
金額が多いから厳しく罰し、少ないから不問に付すという事では、あまりにも公平さが欠けるのではないだろうか。
例えば、1000円の商品を万引きするのも、100万円の宝石を万引きするのも「窃盗罪」には変わりない。
突出した者だけを「解雇」するということは、「見せしめ」ということなのか?

③力士教育で十分指導していたのか?
おおむね15歳で角界入りし、本来、高校や大学、一般社会を通じて身に付けるであろう社会規範の教育を果たしてどの程度行っていたのか、その辺が見えてこない。
もっとも琴光喜は大学出身なわけだから「何やってるんだ!」と言いたいところだが、協会の指導不足に対して、その責任が「謹慎」ではたして妥当なのか?
企業では「就業規則」や「服務心得」などがあるが、相撲協会にはそれらに類するものが存在してるのだろうか。

④過去の処分者と比較して、妥当な処分なのか?
大相撲の不祥事は今に始まったことではなく、過去にもたくさんあった。

●1965年、拳銃不法所持で逮捕され、書類送検された(有罪)横綱大鵬、柏戸らは譴責処分。
●1987年、横綱双羽黒の暴行事件は自主廃業。
●2000年、幕内闘牙が禁止されていた自動車運転で人身死亡事故を起し、出場辞退勧告。
●2007年、同じく旭天鵬も人身事故を起し、1場所出場停止処分。
●2007年、時津風親方が弟子に暴行し、死亡させ逮捕、現在公判中。同親方は解雇処分。(退職金は後に支払われた)
●2008年、若ノ鵬、露鵬らは大麻取締法違反容疑で逮捕され、解雇処分。
●2010年、横綱朝青龍は暴行事件を起し、任意引退。
●2010年、木瀬親方は、暴力団との交際が明るみに出て、降格処分。

この他にも処分されたケースはまだあるが、銃刀法違反や傷害、薬物は刑法では懲役刑で、殺人は最高死刑である。
それに対し、「単純賭博」は罰金刑だ。
協会内の量刑では、殺人罪で公判中の元親方よりも大嶽親方の方が重いとは、著しく公平さを欠いていると言わざるを得ない。

当然、賭博行為をした親方、力士はそれなりの処分は必要だろう。
しかし、問題はそうした体質を改め、再発を防ぐことにあるはずだ。
そのことに言及せず、具体策も示さないまま処分だけを先行して行うということは、「名古屋場所開催ありき」で世論の批判をかわす「小手先」だけのやりかたではないのか?
表面上だけを繕い、事の本質にメスを入れないで本場所を開催するとは呆れてしまう。
警察の捜査に合わせ、その関与度合いを見極めて結論を出すべきで、あまりにも拙速すぎたこの処分、勧告した特別調査委員会はもちろん、相撲協会に対する不信感を抱いた人は少なくないだろう。

貴乃花親方は退職を覚悟し、処分の再考を訴えたといわれる。
自身の理事当選に関わった力士や親方ということもあるが、決してそんな狭い了見での発言ではないだろう。
むしろそれを否定し、拙速に結論を出した執行部自体が「狭い了見」ともいえる。

どの道二人は退職、引退を申し出ていたわけだから今後の進退は変わらない。しかし、「解雇処分」となれば今後の人生に対して汚点が残る。
あの、へらへら笑いながら処分勧告を発表した伊藤座長、こんな軽いノリで人生の転換期を強制的に決められた二人は、余りにも可愛そうだ。

協会や特別委員会は、明確に暴力団が関与し、二人が認識した上で賭博行為を行ったと、その悪質性を挙証できなければ、自らも重い責任を取るべきだ。
二人を生贄にし、それで丸く納めようとする意図であれば、断じて許されない。

|

« 国技の名が汚れた大相撲、果たして再生は? | トップページ | 【郵便不正事件】 冤罪・村木さんに無罪判決 »

スポーツ」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

 うねぇ〜、なにやらお相撲さんな世界がおかしなことなっちゃってるみたいですね・・・と、まぁ〜、お相撲に関して語ってはいけないド素人な香織だったりしますが、暑さ厳しい中、キタしゃんにおかれましてはいかがお過ごしでおられますのだぁー!!

 うね。(´∀`)σ)Д`*)

投稿: 香 織 | 2010年7月17日 (土) 06時47分

うね、しばらくです!
まぁ、相撲界はどうなってるんでしょうかね〜
やっぱり指導する親方たちに問題があると思います。
きっちり教育できない親方が増えてきてるから、教育も行き届かないのでは?
思い切った改革が必要だと思いますよ。

家パソの調子がイマイチなので今、Web生活をお休み中・・・
よろしこ。cat

投稿: kitanotabibito | 2010年7月17日 (土) 12時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1241418/35644139

この記事へのトラックバック一覧です: 「大相撲賭博問題」、二人解雇で幕引きか?:

« 国技の名が汚れた大相撲、果たして再生は? | トップページ | 【郵便不正事件】 冤罪・村木さんに無罪判決 »