« 今日から「プロ野球セ・パ交流戦」がスタート! | トップページ | 菅首相が「奇兵隊内閣」と命名!~庶民宰相に期待!~ »

三宅雪子議員に暴行の自民党・甘利明衆院議員には厳しい処分を!

12日に行われた衆院内閣委員会で、国家公務員法改正案が採決された際に、自民党・甘利明議員が民主党議員らを突き飛ばし、三宅雪子議員にけがをさせた。

この事に関連し、民主党は14日、甘利議員に対する懲罰動議を衆院事務局に提出した。

国会内で、多くの国民が見ている中での暴力行為は看過できない。

これらを報道するマスコミは、「自作自演」だの「オーバー」だの「捏造」だのと言って、三宅議員に対して批判し、事の本質を逸らそうとしている。

そもそも事の発端は、採決に対する抗議行動がエスカレートして起きたもの。

粛々と法案を審議し、自民党委員の討論持ち時間が終了したのを受けて採決に臨んだ。
それを不服として、自民党小泉委員が不規則発言を繰り返したため、委員長が制止した。
その後自民党議員達が一斉に暴徒と化し、甘利議員が民主党議員に体当たりし、その反動で三宅議員が倒れ、怪我をした・・・というもの。

その様子をとらえた動画がこれ!(スロー映像なので、よく分かります。)

http://www.youtube.com/watch?v=WsCvug4UewE&feature=related

甘利議員は、明らかに三宅議員の前にいた議員に体当たりしています。
その反動で、後ろにいた三宅議員は避け切れず転倒した。
これは言い逃れできない、暴力行為の確信犯です。

三宅議員、民主党は、刑事告訴も視野に入れて対応すべきでしょう。

単なる懲罰では、また同じ事を繰り返すかもしれません。

「委員でもない三宅議員がその場にいたのはおかしい」として、「仕組まれたものだ」と、馬鹿なことを言う議員もいたが・・・
委員会は、委員でなくても傍聴できるわけで、まったく話にならない。

一部マスコミは、「強行採決に抗議」「自作自演?」なんて事を言って、自民党を擁護するような表現をしているが、とんでもない事だ。

委員会の審議日程は決められていて、その討論を終了したのに、なぜ「強行採決」なの?

ここまで騒ぎを大きくなったのは小泉ジュニア議員の不規則発言からだ。

自民党の教育が行き届いていないのか、単なる目立ちたがり屋なのかは分からないが、「自分中心で議会は動くものではない」ということ、まるで分かっていない。

テレビ的には「絵になる」から流し続け、小泉は「善」、委員長は「悪」というイメージを植えつける。
これって、おかしくないか?

自分の意見が通らないからといって、委員会を混乱させた責任は大きい。

委員会を混乱させた小泉議員、暴力行為を行った甘利議員。
この二人には重~く厳しい処分を!

|

« 今日から「プロ野球セ・パ交流戦」がスタート! | トップページ | 菅首相が「奇兵隊内閣」と命名!~庶民宰相に期待!~ »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1241418/34739849

この記事へのトラックバック一覧です: 三宅雪子議員に暴行の自民党・甘利明衆院議員には厳しい処分を!:

« 今日から「プロ野球セ・パ交流戦」がスタート! | トップページ | 菅首相が「奇兵隊内閣」と命名!~庶民宰相に期待!~ »