« 郵政改革案、いよいよ大詰め。国民本位の改革を! | トップページ | キムタク、奇跡の生還ならず・・・木村拓也コーチが死去 »

平沼・与謝野新党、10日にスタート!

新党、「平沼党首」で合意…10日に結成

4月6日3時11分配信 読売新聞

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100406-00000045-yom-pol

新党結成を目指す無所属の平沼赳夫・元経済産業相と自民党に離党届を提出した与謝野馨・元財務相らは5日夜、都内で会談し、新党を10日に結成し、平沼氏が新党の党首に就任することで合意した。

新党には当初、国会議員5人が参加することも確認。政策面では、経済成長と財政再建を「車の両輪」とし、将来的な消費税率引き上げによる増税も視野に入れることなどで一致した。

会談は約2時間行われ、平沼、与謝野両氏のほか、園田博之・元官房副長官、藤井孝男・元運輸相が出席。新党を支援する石原慎太郎・東京都知事も加わった。

平沼氏は会談後、記者団に、自民党の鴻池祥肇・元防災相と平沼グループの小泉龍司、城内実両衆院議員の3国会議員が将来合流するとの見通しを示した。平沼氏は、政党助成法の政党要件として必要な5人目の国会議員の名前を明らかにしなかったが、自民党の中川義雄参院議員について「(新党参加をめぐって)話している」と語った。

無所属の鳩山邦夫・元総務相については、結党時の参加は見送られるとの見通しを示し、6日にも行う鳩山氏との会談を踏まえて、判断する考えを示した。

党名は、4候補に絞り込んだが、決まらなかった。平沼氏は「今の時代に合っているのは、ひらがながいいんじゃないか」と語った。

いよいよ「平沼・与謝野新党」が始動しますねぇ~

平沼赳夫元経済産業相と与謝野馨元財務相、いくら同級生とはいえ、政治思考が違うふたりがタッグを組む目的は何?

はっきり言って、「平沼グループ」の「政党助成金」目当てとしか考えられません。

「平沼グループ」の国会議員は3名だけ、しかも「政党」ではないので「政党助成金」交付の対象外。

必然的に新党を立ち上げる必要があったわけですねぇ。

集まるメンバーを見ても、郵政民営化賛成・反対、積極財政賛成・反対、憲法改正についても温度差があったり・・・

タカ派、ハト派混在のメンバーでどう「政党としてのポリシー」を作り上げていくのか疑問だ。

メンバーの財政再建派、与謝野馨元財務相は自民党の比例選出議員(選挙区で落選し、惜敗率で比例復活)であるのに離党なんて・・・

東京の自民党支持者に対してなんと申し開きするのか?

どの政党にかかわらず、比例選出議員が離党する場合は、その議席を党に返上する、つまり議員辞職して離党するのが筋ではないか?

園田博之前幹事長代理は自民党→新党さきがけ→自民党→平沼新党と、出たり入ったりを繰り返し、政治理念はどうなっているのか?

藤井孝男元運輸相は5年前の郵政民営化に反対し自民党を追われたが、2年後の参議院選挙で自民党の支援を受け、国政に復帰(後に自民党へ復党)したにもかかわらず、今度は自ら離党とは・・・

鴻池祥肇元防災相は、「郵政民営化」で反対・賛成と立場を逆転させたり、女性問題や失言で大臣の座を追われた問題児なのに。

平沼赳夫元経済産業相は子分2人を抱え、なんとか政党要件を満たそうと頑張るのは分からないでもないが、如何せん与謝野氏同様、健康に不安がある。

大丈夫かぁ~?

政治家として先の短い面子で「新党」といってもねぇ・・・

国民の支持は得られないのではないか?

夏の参院選に候補擁立を考えているようだが、果たして何人当選できるか・・・

問題発言の多い、前衆院議員の中山成彬元国土交通相も新党に参加して、夏の参院比例選に出馬するみたいだし。

マスコミの「老害」、ナベツネも1枚加わりこの「新党」、この先どうなることやら・・・

いっそのこと「読売新党」にすればいいのに!(*^▽^*)

|

« 郵政改革案、いよいよ大詰め。国民本位の改革を! | トップページ | キムタク、奇跡の生還ならず・・・木村拓也コーチが死去 »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1241418/34112874

この記事へのトラックバック一覧です: 平沼・与謝野新党、10日にスタート!:

« 郵政改革案、いよいよ大詰め。国民本位の改革を! | トップページ | キムタク、奇跡の生還ならず・・・木村拓也コーチが死去 »