« 国母和宏と朝青龍。なるほど、そうだったのか! | トップページ | 平沼・与謝野新党、10日にスタート! »

郵政改革案、いよいよ大詰め。国民本位の改革を!

鳩山首相、「亀井案、基本に調整」郵政改革で意向

3月29日20時57分配信 毎日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100329-00000083-mai-pol

鳩山由紀夫首相は29日、閣内対立が激化している郵政改革案について「亀井静香金融・郵政担当相と原口一博総務相の談話にのっとって進めていきたい」と記者団に語り、亀井氏らが24日に発表した案を基本に調整を進める考えを示した。同案を巡っては30日に全閣僚参加の「懇談会」が予定されており、首相は「明日はそういった方向を確認したい」と骨格の修正なしに議論の集約を図る方針を示唆。仙谷由人国家戦略担当相はなお見直しを求める構えで、首相の指導力が問われる閣僚懇となりそうだ。

郵政改革法案の策定がいよいよ本格化する見込みだ。

24日発表された、亀井郵政改革相、原口総務相が共同発表した素案に基づき調整されるようだが、さて、うまく纏まるかどうか・・・

日曜日の「サンデープロジェクト」での亀井大臣と菅副総理の「水掛け論」。
これが尾を引かなければいいのだが・・・。


5年前の総選挙、「郵政民営化、賛成か?反対か?」、「官から民へ」など事の本質を隠したまま、口の上手さで劇場型選挙を制した「小泉・竹中ライン」により民営化された「郵政事業」。
小泉氏は、「郵政民営化」を自身の政治信条としてきた訳だが、これに「ガイアツ」が加わり、更にはグローバル経済を標榜する竹中氏とタッグを組んだわけだから、恐いものなしだった。

現行のまま行けば、2017年には「郵貯、簡保」は100%株式は公開される。
そうなれば、待ってましたとばかりに外資が群がって来る。
「ゆうちょ銀行」も「かんぽ生命」も外資の餌食となり、その利益は国外へと流出してしまう。

外資が多い大手上場企業が、その将来を物語っている。

さらに、いままでグループ内でプールしていた資金も、「両手、両足(郵貯、簡保)」をもがれた日本郵政は、ユニバーサル・サービスを維持させるには、税金の投入が不可欠となる。

こうした「売国的郵政民営化」を実施した張本人の小泉氏は「やり逃げ」、竹中氏は議員を辞職し、悠々教授生活を決め込み、TVでは相も変わらぬ持論を展開している。

「完全民営化」後、得をするのは外国投資家であり、損をするのは日本国民だという事ははっきりしているわけで、政府・与党は適切な協議を重ねて成案に向けて努力して欲しい。

改革法案の中で、一番重要なのは、郵政民営化でズタズタにされた「ユニバーサル・サービス」の再構築だ。
都市部で暮らす人たちは問題ないにしても、過疎地で、郵便局しか頼れる所がないお年寄りにとっては一日でも早く!と望んでいるに違い無い。
そうした意味では、「日本郵政の3事業一体化」は不可欠だ。

また、郵便貯金の預け入れ限度額を2000万円、簡易保険加入の上限を2500万円に引き上げる案については、「民業圧迫」という指摘もあるので、上限の金額設定や国債の受け入れ額の基準設定、民間企業との取り扱い業務の棲み分けなど、知恵を出し合いながら決めて行けばいいのではないか?

郵政省時代はジャブジャブ財投で無駄金を使い、民営化後はサービスの低下を招き、ゆくゆくは外国投資家の手に渡る可能性のあった郵政事業。
鳩山内閣の重要課題の一つでもあるので、何とかいい方向で決着して欲しいものです。

|

« 国母和宏と朝青龍。なるほど、そうだったのか! | トップページ | 平沼・与謝野新党、10日にスタート! »

ニュース」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1241418/34002872

この記事へのトラックバック一覧です: 郵政改革案、いよいよ大詰め。国民本位の改革を!:

» 郵貯限度額2000万で決着 [時々時事爺]
押し切ったか [ふっ/]それが良いとか悪いとかじゃなく、鳩山首相の指導力にもリーダーシップにもでっけー疑問符がボヨンボヨン浮かぶ結果になったのだけは確か [うんうん/]こんなことやってるんじゃ、支持率...... [続きを読む]

受信: 2010年3月30日 (火) 23時25分

» 亀井案を容認、郵政改革仙谷由人国家戦略担当相 [正しく賢く☆]
郵政改革案のごたごたはあっけない幕切れになった。 仙谷氏はじめ反対勢力の面々が郵便貯金の預入限度額や、 地方の中小金融機関の経営に悪影響と反発していたが 気味が悪いぐらいに受け入れる格好。 一般的に言われている沈静化よりも、 政治カードとして使われたことのほうが 濃...... [続きを読む]

受信: 2010年3月31日 (水) 02時00分

» 郵貯上限2千万円で決着 [からふる]
結局亀井さんの言ったとおりになりましたね。国民にとってゆうちょやかんぽの限度枠なんてどうてもいい話で。ようは郵政関係者の票がほしいだけでしょ。小泉元総理が「国民にとってどうでもいいこと(郵政)を争点にあげて選挙で票を稼ぐ」ってのをやって成功させたから。小沢さんがそのままパクってやってるんでしょう。小泉チルドレン→小沢チルドレンみたいな。なんにせよ国民不在であることは明らか。税収が少ないときに消費税を減免するとか言ってんですから。納めた税金がこんなところの補填に使われていくんですね。自民党が政権をとっ... [続きを読む]

受信: 2010年3月31日 (水) 06時07分

» NaviCreator.com 設置サイトランキング [無料アクセスアップNaviCreator.com]
ココに投稿登録すればブログのアクセスアップは間違いなし!でも、意外と知らない人も多い。SEO攻略に利用できるサイトで、私が毎日DMや様々なブログにTBしてるので自動であなたのwebsiteアクセスアップが可能♪ [続きを読む]

受信: 2010年4月20日 (火) 09時38分

« 国母和宏と朝青龍。なるほど、そうだったのか! | トップページ | 平沼・与謝野新党、10日にスタート! »