« 横綱朝青龍が現役引退を表明 | トップページ | 石川知裕議員、「辞職も離党もせず」と決意! »

格闘家・吉田秀彦の引退試合、朝青龍と対戦?

吉田引退試合、朝青龍との対戦に前向き
[デイリースポーツ 2010年2月9日 10:30]
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/headlines/20100209-00000019-dal-fight.html

「吉田秀彦引退興行~ASTRA~」(4月25日、日本武道館)
次戦での引退を表明していた格闘家・吉田秀彦(40)=吉田道場=の引退試合が、「吉田秀彦引退興行~ASTRA~」として開催されることが8日、都内で発表された。
大会を主催するジェイロックの國保尊弘社長は、吉田と、元横綱・朝青龍との対戦に前向きな姿勢を見せた。

吉田秀彦と朝青龍。
吉田秀彦は、オリンピックの柔道金メダリストで、人気の格闘家。
朝青龍は優勝25回の元横綱。
当然、大注目の一戦になることは間違いないだろう。
二人の対戦はまだ決まったわけではないので、どうこう言いたくは無いのですが、もし実現するとなれば大きな問題が発生してくる。
朝青龍は引退したからといって、完全に相撲協会と関係が切れたわけではない。
10月3日に「引退相撲」を控えているからだ。
引退相撲では、土俵入りも行うし、断髪式もある。
それまでは、「髷(まげ)」を落とす事は出来ない。
さりとて、髷をつけたまま格闘技の試合をするとなると、大相撲を冒涜していると言われるだろう。
「髷は力士の命」と言われ、明治維新後、唯一髷を結い続けてきたのは大相撲力士だけ。
近代相撲では、異種格闘技を行ったことはない。
力道山は、自ら髷を落とし、プロレス界に転身した。
また現役力士でも、毛髪が無くなり、髷を結えなくなったら引退しなければならない。
朝青龍も、もし対戦するならば、自ら髷を切り落として、完全に相撲界と決別して臨むべきだ。
もちろん、そうなった場合、およそ3億円の収入ともいわれる「引退相撲」はできなくなる。
朝青龍も、せっかく温情で「引退」扱いにして貰ったわけだし、相撲協会に残らない力士としては異例の引退相撲まで行ってくれるわけですから、少なくともそれまでは波風立てず、大人しくしていたほうがいいのでは?

|

« 横綱朝青龍が現役引退を表明 | トップページ | 石川知裕議員、「辞職も離党もせず」と決意! »

スポーツ」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1241418/33316279

この記事へのトラックバック一覧です: 格闘家・吉田秀彦の引退試合、朝青龍と対戦?:

« 横綱朝青龍が現役引退を表明 | トップページ | 石川知裕議員、「辞職も離党もせず」と決意! »