« 民主新人議員をネタに、「三流週刊誌」並みの低俗化したテレビ報道。 | トップページ | 自民党総裁選、谷垣氏が優勢だが、果たして党再生はできるのか? »

鳩山由紀夫第93代首相誕生!閣僚も重厚な布陣で。

0916 今日午後に行われた衆議院の本会議で、議長に民主党の横路孝弘前副議長、副議長に自民党の衛藤征士郎元防衛庁長官を選出した。
自民党以外の議長は平成5年の土井たか子氏以来となる。

その後、衆参両院は首班指名選挙を行い、民主党の鳩山由紀夫代表が社民、国民新党などの支持を得、各院で過半数の票を獲得し、首相に指名された。
鳩山氏は第93代首相となった。

鳩山氏の祖父は初代自民党総裁で、第52・53・54代首相の「鳩山一郎」。
くしくも、麻生前首相と同じパターンとなったが、政治姿勢は異なるので、二の舞にはなるまい。

これにより、戦後一時期を除いて続いた「自民党支配」に終止符を打ち、名実共に「政権交代」が実現した。

鳩山新首相は、直ちに組閣を行い、発足する鳩山内閣の閣僚名簿を発表した。

皇居での認証式後に初閣議を行い、民主・社民・国民新の三党連立による「鳩山政権」が正式にスタートする。

閣僚名簿を見ると、概ね事前の予想と大差なく、経験豊かな強力布陣で構成された。
重要ポストは、党首経験者で固め、その他のポストも党内で専門的に取り組んできたエキスパートを配置している。

自民党政権時の閣僚と比較してみても何ら見劣りせず、むしろ派閥順送り人事で「お飾り大臣」を作ってきたそれとは比べ物にならないくらい「安心感」が感じられる。

この日が「歴史的大転換の日」として、後世から言われるよう、「脱官僚、国民主権」の政治を実現して欲しい。

鳩山首相も記者会見で言っていた通り、「国民主権」を実践するためにも、私たち国民も「政権参加」の意識を持って注視していきたいものです。

また各大臣も、自民党時代のようにコロコロ変わることなく、願わくばこのメンバーで4年間、じっくり仕事をして欲しい。

昨日の民主党両院議員総会で、小沢一郎代表代行が幹事長に就任した。
「政務は鳩山首相」、「党務は小沢幹事長」の両頭立てで臨む民主党の政治体制に大きく期待したい。

「鳩山一郎」ならぬ「鳩山・一郎」政治が船出した。

|

« 民主新人議員をネタに、「三流週刊誌」並みの低俗化したテレビ報道。 | トップページ | 自民党総裁選、谷垣氏が優勢だが、果たして党再生はできるのか? »

スポーツ」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1241418/31403129

この記事へのトラックバック一覧です: 鳩山由紀夫第93代首相誕生!閣僚も重厚な布陣で。:

« 民主新人議員をネタに、「三流週刊誌」並みの低俗化したテレビ報道。 | トップページ | 自民党総裁選、谷垣氏が優勢だが、果たして党再生はできるのか? »